フェブラリーステークス 過去5年間の傾向(母父編) 

フェブラリーS 母父別データ
2017フェブラリーS母父


★母父サンデーサイレンスは(0・0・1・9)と、馬券圏内に絡んだのは2014年1番人気で3着になったペルシャザールのみと不振傾向。
→該当馬:該当馬なし


その他の情報は....
にほんブログ村テーマ フェブラリーS(2017)へ
フェブラリーS(2017)
にほんブログ村テーマ フェブラリーステークス(GI)へ
フェブラリーステークス(GI)


フェブラリーS 母父系統別データ
2017フェブラリーS母父系統


★系統別でみてみるとダート戦だがリボー系やレッドゴット系といった欧州血統が安定した数字を出しており高評価。
→該当馬:ケイティブレイブ

フェブラリーステークス 過去5年間の傾向(種牡馬編) 

フェブラリーS 種牡馬別データ
2017フェブラリーS種牡馬


★1位のゴールドアリュールはコパノリッキー、エスポワールシチー、シルクフォーチュンと好走馬を輩出しており高評価。
→該当馬:コパノリッキー、ゴールドドリーム


その他の情報は....
にほんブログ村テーマ フェブラリーS(2017)へ
フェブラリーS(2017)
にほんブログ村テーマ フェブラリーステークス(GI)へ
フェブラリーステークス(GI)


フェブラリーS 種牡馬系統別データ
2017フェブラリーS種牡馬系統


★系統別でみてみると米国ノーザン系が安定した数字を出しており高評価。
→該当馬:エイシンバッケン、モーニン

★ロベルト系、重サンデー・ミスプロ系といった重厚な血統は成績振るわず評価を下げたい。
→該当馬:スーサンジョイ

フェブラリーステークス 過去5年間の傾向 

2017フェブラリーS


その他の情報は....
にほんブログ村テーマ フェブラリーS(2017)へ
フェブラリーS(2017)
にほんブログ村テーマ フェブラリーステークス(GI)へ
フェブラリーステークス(GI)


★母系にボールドルーラー系を持つ馬が5年連続馬券圏内に絡んでいる。
→今年の該当馬:エイシンバッケン、ノンコノユメ

★父がサンデー系の種牡馬を持つ馬は母系に軽ミスプロ系を持っていると馬券圏内に絡めてなく不振傾向。
→今年の該当馬:ゴールドドリーム、サウンドスカイ

京都記念の予想 

◎10ガリバルディ
○3マカヒキ
▲2ヤマカツライデン
△9ミッキーロケット
△6サトノクラウン


今週の1万勝負
単勝10¥1200
馬連3-10¥1200
9-10¥700
6-10¥600
2-10¥300
3連複3-9-10¥2000
3-6-10¥1400
6-9-10¥1200
2-3,9-10¥500×2
2-6-10¥400
合計¥10000



その他の情報は....
にほんブログ村テーマ 京都記念(2017)へ
京都記念(2017)
にほんブログ村テーマ 京都記念2017へ
京都記念2017


★本命はガリバルディ。

父ディープインパクト、母父ザフォニックは軽ミスプロ系×重ノーザン系と京都記念に相性の良い血統が揃い踏み。

過去には同条件である京都新聞杯で3着に来ているだけに、この人気であるならば狙ってみて損はない。


★対抗にマカヒキ。

父ディープインパクトはこのレースでは無視できない存在。

前走凱旋門賞では大敗してしまったものの、日本国内でトップクラスの能力を持っているのは今までの戦績を見れば明らか。

鞍上にも世界ナンバーワンジョッキーのライアン・ムーア騎手を乗せて来た辺りからも、陣営のここでの勝負気配が伺えられる。


★3番手はヤマカツライデン。

前走は適正的に低かったり、大幅な馬体重増があったにもかかわらずそれなりの結果は出せただけに、ここでの巻き返しに期待。

母父ダンスインザダークは一昨年の勝ち馬ラブリーデイを輩出しているのも高評価。

共同通信杯の予想 

◎4ムーヴザワールド
○1スワーヴリチャード
▲5エアウィンザー
△3タイセイスターリー
△9チャロネグロ
△8エトルディーニュ
△7ビルズトレジャー
△6エテレインミノル


今週の1万勝負
3連単F4→1→5¥3300
4→5→1¥2600
4→1→3¥1200
4→5→3¥900
4→1→8,9¥400×2
4→5→8,9¥300×2
4→1,5→7¥200×2
4→1,5→6¥100×2
合計¥10000



その他の情報は....
にほんブログ村テーマ 共同通信杯(2017)へ
共同通信杯(2017)
にほんブログ村テーマ 共同通信杯2017へ
共同通信杯2017


★本命はムーヴザワールド。

このレースに強い父ディープインパクトに加えて、近年馬券に絡んできている重ノーザン系を母系に持っているのはプラス材料。

前走は1番人気3着と人気を裏切たものの、勝ち馬とは同タイムという点とキャリア1戦ということを考えたらこの馬の存在能力は相当なものと思われる


★対抗にスワーヴリチャード。

父ハーツクライはこのレースに出走した該当馬がいないものの、ディープインパクトやステイゴールド同様主流サンデー系であればこのレースに向いているはず。

父ハーツクライは昨日のクイーンCを快勝したアドマイヤミヤビ、母父アンブライドルズソングは現アメリカ最強馬のアロゲートを輩出しており、これほどまでに勢いを感じる血統はないと言える。


★3番手はエアウィンザー。

父キングカメハメハも母父サンデーサイレンスもそれなりに安定しており、尚且つこの一族は勝ちきれないものの複勝率は非常に高い一族なので馬券の連軸としては信頼。

新馬戦ではムーヴザワールドと接戦していたように、能力は非凡なもの持っているのは確実だ。

京都記念 過去5年間の傾向(母父編) 

京都記念 母父別データ
2017京都記念母父


★これといって注目したい母父もいないので系統別から分析。


その他の情報は....
にほんブログ村テーマ 京都記念(2017)へ
京都記念(2017)
にほんブログ村テーマ 京都記念2017へ
京都記念2017


京都記念 母父系統別データ
2017京都記念母父系統


★系統別でみてみると軽ミスプロ系が優秀な成績を収めており高評価。
→該当馬:ガリバルディ

★ロベルト系の馬は該当馬6頭いて馬券圏内ゼロ。昨年も2番人気のヤマカツエースが5着と人気を裏切っている。
→該当馬:アクションスター
fx