フェブラリーステークスの予想 

◎13エイシンバッケン
○11ノンコノユメ
▲4コパノリッキー
△6モーニン
△2ホワイトフーガ
△3ゴールドドリーム
△10カフジテイク
△15ケイティブレイブ


今週の1万勝負
3複1頭軸流13-2,3,4,6,10,11,15¥100×21
11-2,3,4,6,10,11,15¥100×15
3連複F3-10-13¥700
10-11-13¥500
6-13-3,10¥400×2
3-11-13¥400
6-11-13¥300
4-13-3,10¥200×2
4-13-6,11¥100×2
3-6-11¥900
10-11-3,6¥800×2
4-11-3,6,10¥200×3
合計¥10000



その他の情報は....
にほんブログ村テーマ フェブラリーS(2017)へ
フェブラリーS(2017)
にほんブログ村テーマ フェブラリーステークス(GI)へ
フェブラリーステークス(GI)


★本命はエイシンバッケン。

父ヨハネスブルクはこのレースに相性の良い米国ノーザン系にあたるので好走に期待が持てる。

母系にボールドルーラーの血がある馬は5年連続馬券に絡んでいるのも買いたい材料。

ダート戦はこれまでに12戦して馬券圏外に沈んだのは1度だけ。近走は馬体重の成長と共に能力も著しく上がってきて今後のダート戦線の主役へと駆け上がれる逸材だ。


★対抗にノンコノユメ。

今年の出走馬で母系にボールドルーラーの血を持つのは、先にあげたエイシンバッケンとノンコノユメだけなのでこの2頭を馬券の中心で考える。

昨年2着で東京コース(4・1・1・0)もマイル戦(4・1・1・1)もこの馬の得意な条件へと戻れば近走の不振も拭える。


★3番手はコパノリッキー。

2014年、2015年と連覇を成し遂げており、このレースとの相性の良さは折り紙つき。

近走の不振から軽視したくはなるものの、得意のマイル戦(5・1・0・1)に戻ればまだまだ見限れない存在といえる。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eastikareponchi.blog26.fc2.com/tb.php/1706-fa5126b6

fx