スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯 過去5年間の傾向(母父編) 

京成杯 母父別データ
2017京成杯母父

★母父サンデーサイレンスは1着1回、2着1回と馬券対象になっているが、率の割合では安定した成績を残せてなく信頼度は低い。

★母父ブライアンズタイムは6頭走って1頭も馬券圏内に絡んでいない。



京成杯 母父系統別データ
2017京成杯母父系統

★先ほどこのレースと相性が悪いと上げたブライアンズタイムの系統であるロベルト系が何故だか優秀。ブライアンズタイム以外のロベルト系は買いということか。

★その他では欧州系の系統も好成績といえる。ロベルト系を含め母系にはスタミナ色を求めたいところか。

★対照的にスピード色の強い軽ミスプロ、ボールドルーラー系の系統は全く馬券に絡めていない。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eastikareponchi.blog26.fc2.com/tb.php/1663-e3344329

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。