スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念の予想 

◎1キタサンブラック
○11サトノダイヤモンド
▲2ゴールドアクター
△6サウンズオブアース
△16マリアライト
△13デニムアンドルビー

今週の1万勝負
3連複F1-11-2,6¥4100×2
1-11-16¥1300
1-11-13¥500
合計¥10000



★本命はキタサンブラック。

近走の走りからも成長のピーク時を迎えている同馬だけに昨年以上の走りを見せてくれるのは確実。

枠順も今年天皇賞春、ジャパンカップを制した得意の最内枠を引いただけに、運も見方に付けた最強馬が凡走する光景は目に浮かばない。

血統的にも母父日本系の馬が近5年で馬券対象に入っているし、母系にノーザンテーストがいる馬も近5年中4年(該当しなかった年は出走馬がいなかった)馬券対象に入っている。


★対抗はサトノダイヤモンド。

デビュー時から素質高さを示していたが、前走の菊花賞に関しては圧巻の内容での勝利と素質開花で最強世代と言われた現世代でも抜きん出た存在に。

菊花賞勝ち馬が有馬記念に直行してくるローテーションも相性が良いだけに、ここでもその能力を如何なく発揮できるはずだ。


★3番手にゴールドアクター。

昨年の勝ち馬なだけに適正値は高い。

中山芝コースで行われる非根幹距離のレースでは(4・1・0・0)と得意中の得意の舞台。

昨年は条件戦からの連勝で一気に有馬記念制覇まで上り詰めるいかにもロベルト系の特徴を示してきたが、今回に関しては前走の負けで若干勢いが落ちてきているだけに昨年のパフォーマンスよりかは劣るイメージがある。

ただ有馬記念に相性の良い重ノーザン系の血を持つ馬なだけに軽視はできない存在だ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eastikareponchi.blog26.fc2.com/tb.php/1656-41aa02f4

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。