スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯フューチュリティステークス 過去5年間の傾向  

2016朝日杯FS
★阪神コースに変わってから今年で3年目だが、クラシック王道血統であるディープインパクト産駒の出走は一昨年の勝ち馬ダノンプラチナ1頭のみ。今年度ディープインパクト産駒の出走はクリアザトラックとサトノアレスの2頭はとりあえず印が必要か。

★一昨年、昨年と2年連続で馬券圏内に絡んでいる系統はニジンスキー系、ボールドルーラー系、グレイソブリン系、重サンデー系が該当。これらの系統の血筋を持つ馬はとりあえず押さえたいとこと。

★昨年はキングカメハメハ×サンデー系のワンツー決着。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eastikareponchi.blog26.fc2.com/tb.php/1651-6a467f48

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。