きさらぎ賞 過去5年間の傾向(種牡馬編) 

東京新聞杯 種牡馬別データ
2017きさらぎ賞種牡馬編


★1位のディープインパクトは(3・3・2・5)と圧倒的な数字を示しており、ディープインパクト産駒というだけでもとりあえずは馬券に入れておきたいところ。
→該当馬:サトノアーサー、ムーブザワールド


その他の情報は....
にほんブログ村テーマ きさらぎ賞(2017)へ
きさらぎ賞(2017)
にほんブログ村テーマ きさらぎ賞2017へ
きさらぎ賞2017


東京新聞杯 種牡馬系統別データ
2017きさらぎ賞種牡馬系統


★主流サンデー系に関してはディープインパクト産駒が大半を占めているので今回はスルー。
→該当馬:なし

★中距離ノーザン系もホワイトマズルのみの活躍が反映されているが、期待が持てる数字をあげている。しかし今年の出走馬において中距離ノーザン系の出走馬がいないのでこちらもスルー。
→該当馬:なし

★中流サンデー系は過去5年間で2勝しているものの、複勝率の面でいうと安定した数字とはいいがたい成績なので推奨までとはいかない。
→該当馬:アメリカズカップ、 エスピリトゥオーゾ、スズカメジャー、タガノアシュラ

★マイナーサンデー系、ロベルト系、重サンデー系といった面々は苦戦傾向。
→該当馬:プラチナヴォイス(重サンデー系と同系の重ミスプロ系)
fx